泉佐野市上町の耳鼻咽喉科なら「やました耳鼻咽喉科クリニック」へ。当院は南海本線「泉佐野」駅から徒歩1分の所にございます。アレルギー科、小児耳鼻咽喉科、感覚器科(聴覚・平衡覚・嗅覚・味覚)や耳、鼻、のどの病気でお困りの方は、当院にご相談ください。2016年4月1日から「おくの耳鼻咽喉科」を継承いたしました。
南海本線「泉佐野」駅より徒歩1分 駐車場完備 専用8台+提携26台

業績

業績

20年間の大学病院(慶應義塾大学・Michigan大学・神戸大学)勤務の間、多くの臨床・研究・教育に携わってきました。以下にその業績を掲載しています。

  1. Uehara N, Fujita T, Yamashita D, Yokoi J, Katsunuma S, Kakigi A,
    Nibu KI, Nishio S, Usami S.
    Genetic background in late-onset sensorineural hearing loss patients.
    Journal of Human Genetics. 2022 in press
  2. Fujita T, Yamashita D.
    Hearing impairment in Xeroderma Pigmentosum: Animal models and Human Studies.
    DNA Repair Disorders, Springer Singapore, 2019 49-58
  3. Moriwaki S, Kanda F, Hayashi M, Yamashita D, Sakai Y, Nishigori C.
    Xeroderma pigmentosum clinical practice guidelines revision committee.
    J Dermatol. 2017 44(10):1087-1096
  4. Shinomiya H, Yamashita D, Fujita T, Nakano E, Inokuchi G, Hasegawa S, Otsuki N,
    Nishigori C, Nibu KI.
    Hearing Dysfunction in Xpa-Deficient Mice.
    Front Aging Neurosci. 2017 10;9:19
  5. Shinomiya H, Otsuki N, Yamashita D, Nibu K.
    Patterns of lymph node metastasis of parotid cancer.
    Auris Nasus Larynx. 2016 43(4):446-50
  6. Nishida K, Morioka I, Nakamachi Y, Kobayashi Y, Imanishi T, Kawano S, Iwatani S, Koda T, Deguchi M, Tanimura K,
    Yamashita D, Nibu K, Funakoshi T, Ohashi M, Inoue N, Iijima K, Yamada H.
    Neurological outcomes in symptomatic congenital cytomegalovirus-infected infants after introduction of newborn urine screening and antiviral treatment.
    Brain Dev. 2016 38(2):209-16
  7. Shinomiya H, Hasegawa S, Yamashita D, Ejima Y, Kenji Y, Otsuki N, Kiyota N,
    Sakakibara S, Nomura T, Hashikawa K, Kohmura E, Sasaki R, Nibu K.
    Concomitant chemoradiotherapy for advanced squamous cell carcinoma of the temporal bone.
    Head Neck. 2016 38 Suppl 1:E949-53
  8. Yamashita D. Josef Miller, Colleen Le Prell, Leonard Rybak, Donald Armstrong (eds)
    Oxidative stress in noise-induced hearing loss.
    Free Radical in ENT Pathology, Springer, 2015 147-161
  9. Yamashita D, Sun G, Cui Y, Mita S, Otsuki N, Kanzaki S, Nibu KI, Ogawa K, Matsunaga T.
    Neuroprotective effects of cutamesine, a ligand of the sigma-1 receptor chaperone, against noise-induced hearing loss.
    J Neurosci. Res. 2015 93(5):788-95
  10. Fujita T, Yamashita D, Irino Y, Kitamoto J, Fukuda Y, Inokuchi G, Hasegawa S, Otsuki N, Yoshida M, Nibu K.
    Metabolomic profiling in inner ear fluid by gas chromatography/mass spectrometry in guinea pig cochlea.
    Neurosci Lett. 2015 8;606:188-93
  11. Fujita T, Yamashita D, Uehara N, Inokuchi G, Hasegawa D, Otsuki N, Nibu KI.
    A high-fat diet delays age-related hearing loss progression in C57BL/6J mice.
    PLOS ONE 2015 27;10(1):e0117547
  12. Watada Y, Yamashita D, Toyoda M, Tsu K, Hida N, Tanimoto A, Ogawa K, Kanzaki S, Umezawa A.
    A Magnetic resonance monitoring of superparamagnetic iron oxide (SPIO)–labeled stem cells transplanted into the inner ear.
    Neurosci. Res. 2015 95:21-6
  13. Yonezawa K, Nishiumi S, Kitamoto-Matsuda J, Fujita T, Morimoto K,
    Yamashita D, Saito M, Otsuki N, Irino Y, Shinohara M, Yoshida M, Nimu KI.
    Serum and tissue metabolomics of head and neck cancer.
    Cancer Genomics & Proteomics. 2013, 10(5), 233-238
  14. Fujita T, Hasegawa S, Yamashita D, Nibu K.
    Congenital middle-ear cholesteatoma in children: A retrospective View. Cholesteatoma and Ear Surgery – An Update.
    Kugler Publications. 2013, 383-5
  15. Fujita T, Yamashita D, Katsunuma S, Hasegawa S, Tanimoto H, Nibu KI.
    Increased inner ear susceptibility to noise injury in mice with streptozosin-induced diabetes.
    Diabetes. 2012, 61, 1-7
  16. Cui Y, Sun G, Yamashita D, Kanzaki S, Matsunaga T, Fujii M,
    Kaga K.Ogawa K.
    Noise-induced apoptosis in fibrocytes of the cochlear spiral limbus of mice.
    European Arch. Oto. 2011, 268(7), 973-978
  17. Shibata T, Yamashita D, Hasegawa S, Saito M, Otsuki N, Hashikawa K, Tahara S, Nibu K.
    Oral candidiasis mimicking tongue cancer.
    Auris Nasus Larynx 2011, 38(3), 418-420
  18. Wakabayashi K, Fujioka M, Kanzaki S, Okano HJ, Shibata S,
    Yamashita D, Masuda M, Mihara M, Ohsugi Y, Ogawa K, Okano H.
    Blockade of interleukin-6 signaling suppressed cochlear inflammatory response and improved hearing impairment in noise- damaged mice cochlea.
    Neuroscience Res. 2010, 66(4), 345-352
  19. Yamashita D, Shiotani A, Kanzaki S, Nakagawa M, Ogawa K.
    Neuroprotective effects of T-817MA against noise-induced hearing loss.
    Neuroscience Res. 2008, 61(1), 38-42
  20. Yamashita D, Minami SB, Kanzaki S, Ogawa K, Miller JM.
    Bcl-2 genes regulate noise-induced hearing loss.
    J. Neuroscience Res. 2008, 86(4), 920-928
  21. Minami SB, Yamashita D, Ogawa K, Schacht J, Miller JM.
    Creatine and Tempol attenuate noise-induced hearing loss.
    Brain Res. 2007, 1148, 83-9
  22. Le Prell CG, Yamashita D, Minami SB, Yamasoba T, Miller JM.
    Mechanisms of noise-induced hearing loss indicate multiple methods of prevention.
    Hearing Res. 2007, 226(1-2), 22-43 Review
  23. Miller JM, Yamashita D, Minami SB, Yamasoba T, Le Prell CG.
    Mechanisms and prevention of noise-induced hearing loss.
    Otol Jpn 2006, 16(2), 139-153
  24. Yamashita D, Jiang H-Y, Le Prell CG, Schacht J, Miller JM.
    Post-exposure treatment attenuates noise-induced hearing loss.
    Neuroscience 2005, 134(2), 633-642
  25. Yamashita D, Jiang H-Y, Schacht J, Miller JM.
    Delayed production of free radicals following noise exposure.
    Brain Res. 2004, 1019, 201-209
  26. Yamashita D, Miller JM, Jiang H-Y, Minami SB, Shacht J.
    AIF and EndoG in noise-induced hearing loss.
    Neuroreport 2004, 15 (18), 2719-2722
  27. Minami SB, Yamashita D, Schacht J, Miller JM.
    Calcineurin activation contributes to noise-induced hearing loss.
    J. Neuroscience Res. 2004, 78, 383-392
  28. Kanzaki S, Kunihiro T, Imanishi Y, Yamashita D, Ogawa K.
    Two cases of pulmonary embolism after head and neck surgery.
    Auris Nasus Larynx 2004, 31, 313–317
  29. Imanishi Y, Nameki H, Isobe K, Kaneda T,
    Yamashita D, Yuge I, Okada W, Nameki I, Araki Y, Suzuki T.
    Intramucosal PCO2 Measurement as a New Monitoring Method of Free Jejunal Transfer following Pharyngo-laryngo-esophagectomy.
    Plastic & Reconstructive Surgery 2003, 112(5), 1247-1256
  1. 点耳薬 わかりやすい感覚器疾患 一般臨床における外用薬の使い方
    山下大介
    日本医師会雑誌 147(1) 302, 2018
  2. 鼓膜換気チューブ留置術の注意点 患者・家族への説明ガイド
    山下大介
    耳鼻咽喉科・頭頸部外科 90(5) 60-62, 2018
  3. 唾液腺とその周辺 線維素性唾液管炎
    山下大介
    JOHNS 34(4) 499-503, 2018
  4. Dab1遺伝子異常マウスにおけるオリーブ蝸牛束の構築異常の解明
    井之口豪、蒔富義、吉川知志、寺島俊雄、四宮瞳、藤田岳、山下大介、丹生健一
    耳鼻咽喉科ニューロサイエンス 30 20-22, 2016
  5. 耳下腺癌72例の臨床的検討
    四宮瞳、大月直樹、山下大介、四宮弘隆、手島直則、江島泰生、清田尚臣、佐々木良平、丹生健一
    頭頸部癌 42(1) 51-56, 2016
  6. 音響外傷 特集 耳鼻咽喉科薬物療法
    山下大介
    JOHNS 31(9) 1204-1206, 2015
  7. 色素性乾皮症診療ガイドライン
    森脇真一、苅田典生、林雅晴、山下大介、酒井良忠、錦織千佳子
    日皮会誌:125(11),2013-2022,2015
  8. 耳鼻咽喉科領域のジェネリック薬品 特集・耳鼻咽喉科領域のジェネリック薬品とサプリメント
    山下大介
    耳鼻咽喉科・頭頸部外科 85(12)679-683 2013
  9. 耳下腺に発症したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の2例
    四宮瞳、四宮弘隆、長谷川信吾、山下大介、大月直樹、丹生健一
    耳鼻咽喉科・頭頚部外科 85(13) 1093-1097,2013
  10. A群色素性乾皮症の軽症例
    竹内聖二、中野英司、山下大介、井川健、森田明理、苅田典生、錦織千佳子
    日本小児科学会雑誌 32(2) 167-172, 2013
  11. 頸部リンパ節転移を認めた原発不明悪性黒色腫の2例
    米澤宏一郎、森本浩一、山下大介、谷本均、齋藤幹、大月直樹、清田尚臣、佐々木良一、丹生健一
    頭頸部癌 39(1) 72-76, 2013
  12. 線維素性唾液管炎 最新の診療NAVI(日常診療必携)
    山下大介、小川郁、丹生健一
    耳鼻咽喉科・頭頸部外科 84(5) 319-322, 2012
  13. 局所麻酔手術の総論 特集 これだけは知っておきたい麻酔の知識
    山下大介
    JOHNS 1695-1699 2012
  14. ヘルパンギーナ、手足口病 特集 口腔内ウィルス感染の診断と治療
    山下大介、丹生健一
    ENTONI 129 17-21, 2011
  15. 内耳移植細胞の生体内動態モニタリング法の確立
    山下大介、和多田有紀子、神崎晶、藤田岳、長谷川信吾、小川郁、丹生健一
    頭頸部自律神経 25 7-9 2011
  16. 糖尿病モデルマウスにおける聴覚機能および内耳形態の検討
    藤田岳、山下大介、勝沼紗矢香、長谷川信吾、丹生健一
    頭頸部自律神経 25 13-16 2011
  17. 耳下腺癌における予防的頸部郭清と術後放射線治療について
    柴田智久、米澤宏一郎、森本浩一、山下大介、大月直樹、西村英輝、佐々木良平、丹生健一
    頭頸部癌、37(1) 78-82, 2011
  18. 聴覚のメカニズム
    山下大介
    よくわかる聴覚障害-難聴と耳鳴のすべて-永井書店 10-19 2010
  19. 耳鳴 特集・耳鼻咽喉科医が知っておきたい 漢方薬のイロハ
    齋藤晶、山下大介
    ENTONI 110 8-13, 2010
  20. 聴覚障害と漢方
    齋藤晶、山下大介
    よくわかる聴覚障害-難聴と耳鳴のすべて-永井書店 286-292 2010
  21. 反復性耳下腺炎とはどういう病気ですか? 特集 耳鼻咽喉科Q&A 2010
    山下大介
    JOHNS 1464-1465 2010
  22. ジェネリックという薬はどんなもんですか? 特集 耳鼻咽喉科Q&A 2010
    山下大介
    JOHNS 1554-1555 2010
  23. 線維素性唾液管炎 
    山下大介、丹生健一
    耳鼻咽喉科・頭頚部外科、82(10) 679-683, 2010
  24. 症状・症候に対する漢方治療 めまい・耳鳴り
    齋藤晶、山下大介
    診断と治療、97(8)1541-1544, 2009
  25. 感音難聴への治療戦略
    山下大介
    慶應医学 85(1) 39-45, 2008
  26. 騒音性難聴(特集:聴覚障害)図説
    山下大介
    医療 62(3) 170-173、2008
  27. 非機能性副甲状腺嚢胞の1症例
    重冨征爾、山下大介、和多田有紀子、小形章
    耳鼻咽喉科・頭頚部外科 80(7) 428-430, 2008
  28. ピオクタニン注入にて同定しえた下咽頭梨状窩瘻例
    重冨征爾、山下大介、鈴木隆史、小形章
    耳鼻咽喉科・頭頚部外科 79(3) 196-197, 2007
  29. 極めて多彩な耳下腺腫瘤―リンパ上皮性病変を中心に
    小川郁、山下大介
    耳鼻咽喉科・頭頸部外科診療のコツと落とし穴 中山書店 64-65 2006
  30. 第100回 医師国家試験問題解説
    山下大介
    医学教育出版社 2006
  31. 突発性難聴治療後患者に対するアンケート調査―HHIA
    (Hearing Handicap Inventory for Adult)による両側性感音難聴症例との比較―
    佐藤美奈子、小川郁、斉藤秀行、山下大介、弓削勇、増田正次、岡本康秀
    日耳鼻 108(12) 1158-1163, 2005
  32. 純音聴力レベルと聴性定常反応を利用した推定聴力レベルとの比較
    ―聴力正常者を対象にAuderaを用いて―
    増田正次、井上泰宏、佐藤美奈子、神崎晶、滝口洋一郎、山下大介、栗田昭宏、藤岡正人、小川郁
    Audiology Japan 47(4) 207-213, 2004
  33. 根治照射後の再発咽喉頭癌根治手術における術後頸部皮膚壊死の発症要因と対策
    今西順久、行木英生、山下大介、弓削勇、岡田和一郎、岡本康秀
    静岡赤十字病院研究報 19 19-27, 2002
  34. 気管偏位で発見された甲状腺乳頭癌を合併した頸部胸腺腫の1症例
    神崎 晶、行木英生、佐藤靖夫、田代昌継、山下大介
    耳鼻咽喉科・頭頸部外科 71(1) 35-38, 1999
  35. 甲状腺癌術後、放射線照射後に生じた仮性動脈瘤の1症例
    神崎 晶、行木英生、佐藤靖夫、田代昌継、山下大介
    静岡赤十字病院研究報 17 71-73, 1997
  36. 喉頭癌術後に生じた外鼻脂腺癌の重複癌症例
    神崎 晶、行木英生、佐藤靖夫、田代昌継、山下大介
    静岡赤十字病院研究報 16 84-86, 1996
  1. Detection system for transplanted bone marrow stem cells in inner era by SPIO
    Yamashita D.
    Neuroscience (31th Tokyo) 2018
  2. Metabolomic profiling of inner ear fluid using gas chromatography / mass spectrometry in guinea pig cochlea
    Fujita T, Yamashita D, Fukuda Y, Inokuchi G, Hasegawa S, Otsuki N, Nibu K.
    16th Japan-Korea Joint Meeting of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery. Tokyo 2016
  3. Treatment outcome of parotid cancer
    Shinomiya H, Otsuki N, Yamashita D, Imamura Y, Kiyota N, Sasaki R, Nibu K.
    Annual Meeting of Japan Head and Neck Cancer (39th Kobe) 2015
  4. Hearing loss in Xeroderma pigmentosum and mechanism of inner ear disorder
    Yamashita D, Fujita T, Otsuki N, Sakai Y, Kanda F, Nishigori C, Nibu KI.
    International Symposium on Xeroderma pigmentosum and Related Disease, 2014
  5. Metabolome analysis of inner ear fluid in guinea pigs cochlea after intense noise
    Yamashita D, Fikuda Y, Fujita T, Shinomiya H, Inokuchi G, Hasegawa S, Otsuki N, Nibu KI.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (37th USA) 2014
  6. High-Fat Diets Delay the Progression of Age-Related Hearing Loss in C57BL/6J Mice
    Fujita T, Yamashita D, Hasegawa S, Nibu KI.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (37th USA) 2014
  7. 25-year experience with primary major salivary gland carcinoma at a single institution in Japan
    Imamura Y, Kiyota N, Ohtsuki N, Hirai C, Funakoshi Y, Mukohara T,
    Yamashita D, Itoh T, Minami H, Nibu KI.
    The European Cancer Congress Organization (8th Belgium) 2013
  8. Metabolome analysis of inner ear fluid in guinea pigs cochlea
    Yamashita D, Fujita T, Hashimoto Y, Shinomiya H, Hasegawa S, Nibu KI.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (36th USA) 2013
  9. Hearing impairments and cochlear changes in Type1 diabetes model mice and diet-induced obesity mice
    Fujita T, Yamashita D, Katsunuma S, Tanimoto H, Hasegawa S, Nibu KI.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (36th USA) 2013
  10. Clinical feature and prognosis of hearing impairment due to meningeal carcinomatosis
    Inokuchi G, Komatsu H, Sawada N, Yamashita D, Kumoi K.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (36th USA) 2013
  11. High-Fat Diets Delay the Progression of Age-Related Hearing Loss in C57BL/6J Mice
    Fujita T, Yamashita D, Hasegawa S, Nibu KI.
    American Society of Clinical Oncology (ASCO) (49th USA) 2013
  12. Hearing impairments in diet-induced obesity in mice
    Fujita T, Yamashita D, Hasegawa S, Katsunuma S, Tanimoto H, Nibu K.
    Inner Ear Biology Workshop (50th Spain) 2013
  13. Managenet outcome following lateral temporal bone resection for cancer of external auditory canal
    Hasegawa S, Yamashita D, Fujita T, Nibu KI.
    International Conference on Cholesteatoma and Ear Surgery (9th Nagasaki) 2012
  14. Congenital middle ear cholesteatoma in children; retrospective review
    Fujita T, Hasegawa S, Yamashita D, Nibu KI.
    International Conference on Cholesteatoma and Ear Surgery (9th Nagasaki) 2012
  15. Hearing loss and mechanism in xeroderma pigmentosum (XP)
    Yamashita D, Fujita T, Hasegawa S, Otsuki N, Nibu KI.
    East Asian Symposium on Otology (3th Nagasaki) 2012
  16. Subtotal temporal bone resection for the recurrent external auditory canal cancer
    After proton beam therapy: case report.
    Sawada N, Hsegawa S, Morimoto K,Yamashita D, Tahara S, Nibu KI.
    East Asian Symposium on Otology (3th Nagasaki) 2012
  17. Mechanism and Protection Against Noise-Induced Hearing Loss
    Yamashita D, Kanzaki S, Ogawa K, Nibu K.
    Japan-Korea Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery, 2012
  18. Vulnerability for noise injury of inner era in diabetic model mice
    Fujita T, Yamashita D, Katsunuma S, Hasegawa S, Tanimoto H, Nibu K.
    Japan-Korea Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery, 2012
  19. Hearing loss in Xeroderma pigmentosum (XP) and mechanism of inner ear disorder
    Yamashita D, Fujita T, Hasegawa S, Otsuki N, Nibu KI.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (35th USA) 2012
  20. Hearing impairments and cochlear changes in Type1 diabetes model mice
    Fujita T, Yamashita D, Katsunuma S, Tanimoto H, Hasegawa S, Nibu KI.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (35th USA) 2012
  21. Mechanism and Strategy to Prevent Noise-Induced Hearing Loss
    Yamashita D
    KANSAI RESEARCH SEMINAR for 80th Anniversary of ENT, 2011
  22. Mechanism and Protection Against Noise-Induced Hearing Loss
    Yamashita D, Kanzaki S, Ogawa K, Nibu K.
    11th Japan-Taiwan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery, 2011
  23. Hearing impairments and cochlear changes in Type1 diabetes model mice
    Fujita T, Yamashita D, Katsunuma S, Hasegawa S, Tanimoto H, Nibu KI.
    11th Japan-Taiwan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery, 2011
  24. Neuroprotective effects of SA4503 against noise-induced hearing loss
    Yamashita D, Matsunaga T, Fujita T, Hasegawa S, Nibu KI.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (34th USA) 2011
  25. Hearing Function and Cochlear Morphology in Diabetes Mellitus Model Mice
    Fujita T, Yamashita D, Katsunuma S, Hasegawa S, Nibu KI.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (34th USA) 2011
  26. Detection System for Transplanted Bone Marrow Stem Cells in Inner Ear by SPIO
    Yamashita D, Watada Y, Kanzaki S, Hasegawa S, Nibu K, Ogawa K.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (33th USA) 2010
  27. The Examination of Monitoring the Engraftment of Transplanted SPIO Labeling Stem Cells
    in the Inner Ear on 1.5T-MRI
    Watada Y, Tanimoto N, Toyoda M, Yamashita D, Ogawa K, Umezawa A, Kanzaki S.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (33th USA) 2010
  28. Blockade of Interleukin-6 Signaling Suppressed Cochlear Inflammatory Response and
    Improved Hearing Impairment in Noise-Induced Damaged Mice Cochlea
    Wakabayashi K, Fujioka M, Kanzaki S, Okano H, Yamashita D, Masuda M, Ohsugi Y, Ogawa K, Okano H.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (33th USA) 2010
  29. The staging and surgical results of pediatric congenital cholesteatoma
    Inokuchi G, Komatsu H, Kumoi K, Okuno T, Hata Y, Baba M, Kurita N, Hasegawa S,
    Yamashita D, Fujita T, Nibu K.
    The 2nd East Asian Symposium in Otology (Taipei) 2010
  30. Neuroprotective effects of T-817MA against noise-induced hearing loss
    Yamashita D, Shiotani A, Kanzaki S, Ogawa K.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (31th USA) 2008
  31. The effect of anti interleukin-6 receptor antibody in noise induced damaged cochlea
    Wakabayashi K, Fujioka M, Okano HJ, Kanzaki ,S,
    Yamashita D, Ogawa K, Okano H.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (31th USA) 2008
  32. Molecular and Cellular Mechanism of Acute Cochlear Energy Failure and Development of
    Novel Therapeutic Strategy for Sensorineural Hearing Loss
    Matsunaga T, Kamiya K, Sun G, Fujinami Y, Mutai H, Kouike H, Nagashima R, Yamashita D, Fujii M, Kaga K, Mizutari K, Hoya N, Okamoto Y, Shinden S, Takiguchi Y, Fujioka M, Minami S, Ogawa K.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (31th USA) 2008
  33. Bcl-2 genes regulate noise-induced hearing loss
    Yamashita D, Minami S, Ogawa K, Miller JM.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (28th USA) 2005
  34. Creatine Attenuates Noise-Induced Hearing Loss
    Minami S, Matsunaga T, Yamashita D, Ogawa K, Schacht J, Miller JM.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (28th USA) 2005
  35. FK506 Reduces Noise-Induced Hearing Loss
    Minami S, Yamashita D, Schacht J, Miller JM.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (27th USA) 2004
  36. Post-exposure treatment attenuates NIHL
    Yamashita D, Minami S, Schacht J, Miller JM.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (27th USA) 2004
  37. Mechanism & Protection in Noise-Induced Hearing Loss
    Yamashita D
    Keio-Soul joint conference 2004
  38. Mechanism and role of NIHL in delayed free radical expression
    Yamashita D
    Toxicology Symposium (USA) 2003
  39. Late mergence of free radicals following noise provide an opportunity for post-exposure treatment
    Yamashita D
    Lawrence-Hawkins Lecture (USA) 2003
  40. The surch for a pill to prevent NIHL
    Miller JM, Yamashita D, Schacht J.
    Inner Ear Biology (Spain) 2003
  41. Late ergence of free radicals after noise exposure
    Yamashita D, Jiang HY, Miller JM, Schacht J.
    Association for Research in Otolaryngology meeting (26th USA) 2003
  42. Resection and reconstruction for Ethmoid Adenoid Cystic Carcinoma with Brain Invasion
    Yamashita D, Nameki H.
    Pan-pacific Surgical Association (15th China) 1999
  1. 当院におけるウィズコロナの取り組み
    山下大介
    第3回泉州耳鼻咽喉科地域医療研究会 2021年
  2. 当科における難聴遺伝子解析の検討
    上原奈津美、山下大介、勝沼紗矢香、柿木章伸、丹生健一、西尾信哉、宇佐美真一
    第26回日本耳科学会 2016年
  3. 色素性乾皮症モデルマウスにおける内耳機能解析
    四宮瞳、山下大介、丹生健一
    第34回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会 2016年
  4. 甲状腺全摘術後に発症した異所性・再発性副甲状腺腫瘍の1例
    梶本康幸、藤尾久美、四宮瞳、小松弘和、李佳奈、
    山下大介、大月直樹、牧野邦彦、丹生健一
    第48回甲状腺外科学会 2015年
  5. 耳下腺癌頸部リンパ節転移の検討
    四宮瞳、大月直樹、山下大介、丹生健一
    第25回日本頭頸部外科学会 2015年
  6. 軟素材による外耳道後壁再建を行った後天性真珠腫症例の検討
    柴田智久、藤田岳、小嶋康隆、井之口豪、山下大介、長谷川信吾、丹生健一
    第116回日本耳鼻咽喉科学会総会 2015年
  7. 甲状腺全摘術後に発症した異所性・再発性副甲状腺腫瘍の1例
    梶本康幸、藤尾久美、四宮瞳、小松弘和、李佳奈、
    山下大介、大月直樹、牧野邦彦、丹生健一
    第117回日本耳鼻咽喉科学会総会 2015年
  8. 副咽頭間隙腫瘍摘出後のfirst bite syndromeの発症に関与する因子の検討
    木村ゆり恵、四宮瞳、四宮弘隆、福田有里子、山下大介、大月直樹、丹生健一
    第24回日本頭頸部外科学会 2014年
  9. 著名な石灰化を認めた耳下腺多形腺腫の1例
    下田光、山下大介、四宮瞳、大月直樹、丹生健一
    第24回日本頭頸部外科学会 2014年
  10. 耳下腺粘表皮癌症例の臨床病理学的検討
    四宮瞳、小嶋康隆、山下大介、大月直樹、丹生健一
    第115回日本耳鼻咽喉科学会 2014年
  11. 当科における末梢性顔面神経麻痺に対する神経減荷術の効果
    小嶋康隆、長谷川信吾、山下大介、勝沼紗矢香、柴田智久、雲井一夫、丹生健一
    第24回日本耳科学会 2014年
  12. 色素性乾皮症における聴覚障害の検討
    山下大介、藤田岳、井之口豪、長谷川信吾、丹生健一
    第24回日本耳科学会 2014年
  13. 免疫組織化学染色による唾液腺導管癌15例の検討
    村岡修、清田尚臣、大月直樹、山下大介、佐々木良平、丹生健一
    第38回日本頭頸部癌学会 2014年
  14. 耳下腺粘表皮癌症例の臨床病理学的検討
    四宮瞳、小嶋康隆、山下大介、大月直樹、丹生健一
    第38回日本頭頸部癌学会 2014年
  15. 当科における唾液腺腫瘍症例に対する穿刺吸引細胞診の検討
    寺薗貴浩、四宮瞳、山下大介、大月直樹、丹生健一
    第38回日本頭頸部癌学会 2014年
  16. 慢性硬化性顎下腺炎14例の検討
    四宮瞳、山下大介、大月直樹、丹生健一
    第114回日本耳鼻咽喉科学会 2014年
  17. 当科における原発性副甲状腺機能亢進症手術症例の検討
    梶本康幸、四宮瞳、小松弘和、山下大介、大月直樹、丹生健一
    第116回日耳鼻兵庫県地方部会 2014年
  18. 当科における慢性硬化性顎下腺炎症例の検討
    四宮瞳、山下大介、大月直樹、丹生健一
    第173回日耳鼻兵庫県地方部会 2013年
  19. 頭蓋内・中耳・外耳に及ぶ顆粒球肉腫の1例
    小嶋康隆、長谷川信吾、山下大介、井之口豪、柴田智久、
    寺薗貴浩、澤田直樹、丹生健一
    第23回日本耳科学会 2013年
  20. 顔面神経麻痺をきたした耳下腺部腫脹から耳下腺癌と見間違えられた
    急性乳様突起炎症例
    寺薗貴浩、長谷川信吾、柴田智久、小嶋康隆、井之口豪、山下大介、丹生健一
    第23回日本耳科学会 2013年
  21. 当科における顔面神経鞘腫症例の検討
    長谷川信吾、山下大介、井之口豪、小嶋康隆、柴田智久、丹生健一
    第23回日本耳科学会 2013年
  22. 高脂肪食投与マウスにおける聴覚機能および内耳形態の検討
    藤田岳、山下大介、小嶋康隆、井之口豪、長谷川信吾、丹生健一
    第23回日本耳科学会 2013年
  23. 著名な石灰化を認めた耳下腺多形腺腫の1例
    下田光、山下大介、四宮瞳、大月直樹、丹生健一
    第114回日耳鼻兵庫県地方部会 2013年
  24. 当科における唾液腺腫瘍症例に対する穿刺吸引細胞診の検討
    寺薗貴浩、四宮瞳、山下大介、大月直樹、丹生健一
    第114回日耳鼻兵庫県地方部会 2013年
  25. 副咽頭間隙腫瘍摘出後のfirst bite syndromeの発症に関与する因子の検討
    木村ゆり恵、四宮瞳、四宮弘隆、福田有里子、山下大介、大月直樹、丹生健一
    第113回日耳鼻兵庫県地方部会 2013年
  26. 当院における唾液腺導管癌15例の臨床病理学的特徴
    今村善宜、清田尚臣、大月直樹、島田貴信、山下大介、佐々木良平、丹生健一
    第37回日本頭頸部癌学会 2013年
  27. 5年以上経過観察した上咽頭癌症例に関する放射線療法の晩期有害反応の検討
    佐々木良平、江島泰生、吉田賢史、宮脇大輔、西村英輝、岡本欣晃、
    山下大介、長谷川信吾、大月直樹、丹生健一
    第37回日本頭頸部癌学会 2013年
  28. 耳下腺癌/顎下腺癌術後症例に対する放射線治療の検討
    村岡修、宮脇大輔、西村英輝、吉田賢史、江島泰生、大月直樹、森本浩一、
    山下大介、丹生健一、岡本欣晃、佐々木良平
    第37回日本頭頸部癌学会 2013年
  29. 耳下腺腺房細胞癌の臨床的検討
    窪田雄一、山下大介、四宮瞳、大月直樹、丹生健一
    第26回口腔咽頭科学会 2013年
  30. 口腔底に発生した神経鞘腫の1例
    四宮瞳、大月直樹、若林潤二、山下大介、丹生健一
    第26回口腔咽頭科学会 2013年
  31. 耳下腺腺房細胞癌の臨床的検討
    山下大介、大月直樹、丹生健一
    第22回日本頭頸部外科学会 2012年
  32. 当科における甲状腺乳頭癌局所再発手術例の検討
    大月直樹、山下大介、丹生健一
    第22回日本頭頸部外科学会 2012年
  33. 色素性乾皮症における聴覚障害の検討
    山下大介、藤田岳、土井清司、長谷川信吾、谷本均、大月直樹、丹生健一
    第113回日本耳鼻咽喉科学会 2012年
  34. 頸部リンパ節転移を認めた原発不明悪性黒色腫の2例
    米澤宏一郎、森本浩一、山下大介、谷本均、齋藤幹、大月直樹、清田尚臣、
    佐々木良平、丹生健一
    第36回日本頭頸部癌学会 2012年
  35. 咽頭痛を初発症状とした頸静脈球型グロムス腫瘍症例
    下田光、長谷川信吾、四宮瞳、山下大介、谷本均、丹生健一
    第171回日耳鼻兵庫県地方部会 2012年
  36. 頸部リンパ節転移を認めた原発不明悪性黒色腫の2例
    柳沢俊学、米澤宏一郎、森本浩一、山下大介、谷本均、齋藤幹、
    大月直樹、清田尚臣、佐々木良平、丹生健一
    第171回日耳鼻兵庫県地方部会 2012年
  37. 咽頭痛を初発症状とした頸静脈球型グロムス腫瘍症例
    下田光、長谷川信吾、山下大介、丹生健一
    第22回日本耳科学会 2012年
  38. 内耳リンパ液におけるメタボローム解析
    山下大介、藤田岳、長谷川信吾、丹生健一
    第22回日本耳科学会 2012年
  39. 糖尿病モデルマウスにおける聴覚障害のメカニズム
    藤田岳、山下大介
    内耳研究会in Kyoto 2012年
  40. 咽後間隙・喉頭蓋前間隙に進展した甲状腺乳頭癌症例の臨床的検討
    大月直樹、米澤宏一郎、森本浩一、山下大介、丹生健一
    第21回日本頭頸部外科学会 2011年
  41. 当科における顎下腺癌手術症例の検討
    大月直樹、柴田智久、米澤宏一郎、森本浩一、
    山下大介、村岡修、宮脇大輔、吉田賢史、西村英輝、佐々木良平、丹生健一
    第35回日本頭頸部癌学会 2011年
  42. 糖尿病モデルマウスにおける聴覚機能および内耳形態の検討
    藤田岳、山下大介、勝沼紗矢香、長谷川信吾、丹生健一
    第168回日耳鼻兵庫県地方部会 2011年
  43. 内耳リンパ液のメタボロミクス
    藤田岳、山下大介、松田淳子、勝沼紗矢香、長谷川信吾、
    谷本均、入野康宏、吉田優、丹生健一
    第3回臨床メタボロミクス研究会 2011年
  44. 色素性乾皮症における聴覚障害の検討
    山下大介、藤田岳、長谷川信吾、丹生健一
    第21回日本耳科学会 2011年
  45. 粒子線治療後再発に対して側頭骨亜全摘を施行した外耳道癌症例
    澤田直樹、長谷川信吾、藤田岳、山下大介、丹生健一
    第21回日本耳科学会 2011年
  46. 糖尿病モデルマウスにおける蝸牛血管障害と音響曝露の影響
    藤田岳、山下大介、勝沼紗矢香、長谷川信吾、丹生健一
    第21回日本耳科学会 2011年
  47. 同一術者による慢性穿孔性中耳炎に対する手術統計
    長谷川信吾、後藤友佳子、山下大介、藤田岳、丹生健一
    第169回日耳鼻兵庫県地方部会 2011年
  48. 副咽頭間隙腫瘍に対するアプローチ法の検討
    橋本有里子、丹生健一、米澤宏一郎、森本浩一、山下大介、齋藤幹、大月直樹
    第169回日耳鼻兵庫県地方部会 2011年
  49. 聴く
    山下大介
    第22回神戸大学医学研究科公開講座 2011年
  50. 当科における耳下腺癌の治療成績
    柴田智久、山下大介、米澤宏一郎、森本浩一、土井清司、長谷川信吾、井上博之
    大月直樹、吉田賢史、西村英輝、佐々木良平、丹生健一
    第164回日耳鼻兵庫県地方部会 2010年
  51. 音響外傷性難聴に対するSA4503の内耳防御機能
    山下大介、松永達雄、藤田岳、長谷川信吾、丹生健一
    第111回日本耳鼻咽喉科学会 2010年
  52. 当科における耳下腺癌の治療成績
    柴田智久、米澤宏一郎、森本浩一、土井清司、山下大介、長谷川信吾、井上博之、
    大月直樹、吉田賢史、西村英輝、佐々木良平、丹生健一
    第34回日本頭頸部癌学会 2010年
  53. 超選択的動注法を用いた化学療法後のsalvage手術後に胸鎖関節骨髄炎を来し治療に
    難渋した1症例
    米澤宏一郎、柴田智久、山下大介、丹生健一
    第34回日本頭頸部癌学会 2010年
  54. 唾液腺癌遠隔転移例に対する化学療法の検討‐ドセタキセル単独外来化学療法‐
    大月直樹、平山裕次、山下大介、米澤宏一郎、柴田智久、丹生健一
    第34回日本頭頸部癌学会 2010年
  55. 内耳移植細胞の生体内動態モニタリング法の確立
    山下大介、和多田有紀子、神崎晶、藤田岳、長谷川信吾、丹生健一、小川郁
    第28回頭頸部自律神経研究会 2010年
  56. 糖尿病モデルマウスにおける聴覚機能および内耳形態の検討
    藤田岳、山下大介、勝沼紗矢香、長谷川信吾、丹生健一
    第28回頭頸部自律神経研究会 2010年
  57. 内耳におけるOgg1ノックアウトマウスの機能解析
    山下大介、神崎晶、藤田岳、長谷川信吾、小川郁、丹生健一
    第20回日本耳科学会 2010年
  58. 上鼓室天蓋及び乳突腔にダンベル型に進展した顔面神経鞘腫症例
    長谷川信吾、山下大介、藤田岳、丹生健一
    第20回日本耳科学会 2010年
  59. 糖尿病モデルマウスにおける聴覚機能および内耳形態の検討
    藤田岳、山下大介、勝沼紗矢香、長谷川信吾、丹生健一
    第20回日本耳科学会 2010年
  60. 突発性難聴を契機に発見された側頭骨内顔面神経鞘腫の一例
    古川竜也、長谷川信吾、藤田岳、山下大介、丹生健一
    第20回日本耳科学会 2010年
  61. 音響外傷性難聴のメカニズム解明を聴覚保護
    山下大介
    第21回サウンド財団研究助成講演会 2010年
  62. 喉頭・下咽頭進展を伴った甲状腺癌3例の検討‐咽頭収縮筋切除と粘膜温存について‐
    大月直樹、山下大介、丹生健一
    第43回日本甲状腺外科学会 2010年
  63. 音響外傷性難聴への治療戦略
    山下大介
    第15回東大・慶大ジョイントカンファレンス 2009年
  64. 音響外傷蝸牛に対する抗インターロイキン6阻害剤の効果
    若林健一郎、藤岡正人、神崎晶、山下大介、増田正次、小川郁
    第110回日本耳鼻咽喉科学会 2009年
  65. 唾液腺癌遠隔転移例に対する化学療法の検討‐ドセタキセル単独外来化学療法‐
    大月直樹、平山裕次、山下大介、米澤宏一郎、柴田智久、丹生健一
    第33回日本頭頸部癌学会 2009年
  66. 舌癌術後の再建部位に生じた慢性肥厚性カンジダの1例
    柴田智久、山下大介、齋藤幹、大月直樹、丹生健一
    第162回日耳鼻兵庫県地方部会 2009年
  67. 内耳移植細胞の生体内動態モニタリング法の確立
    山下大介、和多田有紀子、神崎晶、長谷川信吾、丹生健一、小川郁
    第19回日本耳科学会 2009年
  68. 当科における小児先天性真珠腫症例の検討
    藤田岳、長谷川信吾、山下大介、丹生健一
    第19回日本耳科学会 2009年
  69. 乳突部型先天性真珠腫症例
    長谷川信吾、山下大介、藤田岳、丹生健一
    第19回日本耳科学会 2009年
  70. 甲状腺Epitheloid Angiosarcomaの1例
    山下大介、中川貴博、大月直樹、丹生健一
    第42回日本甲状腺外科学会 2009年
  71. 音響外傷蝸牛に対する抗IL-6阻害剤を用いた難聴治療への応用
    若林健一郎、藤岡正人、神崎晶、山下大介、増田正次、小川郁
    第54回日本聴覚医学会 2009年
  72. 音響外傷性難聴の治療戦略
    山下大介
    第1回関西内耳基礎研究会 2009年
  73. 内耳におけるOgg1ノックアウトマウスの機能解析
    山下大介、和多田有紀子、神崎晶、小川郁
    第109回日本耳鼻咽喉科学会 2008年
  74. 小児難聴に対する系統的遺伝子検査を用いた遺伝学的診断
    松永達雄、加我君考、竹腰英樹、山下大介、矢島陽子、羽生昇、徳丸裕、藤井正人、
    守本倫子、泰地秀信、井上泰宏、小川郁
    第109回日本耳鼻咽喉科学会 2008年
  75. 頭頸部癌におけるPGP9.5遺伝子のメチル化とその意義
    徳丸裕、藤井正人、角田晃一、松永達雄、竹腰英樹、
    山下大介、羽生昇、矢島陽子、加我君考
    第109回日本耳鼻咽喉科学会 2008年
  76. 機能的MRIの音声言語コミュニケーション病態モデルの観察
    角田晃一、関本壮太郎、角田篤信、林玲匡、矢島陽子、羽生昇、
    山下大介、竹腰英樹、徳丸裕、藤井正人、石本晋一、加我君考
    第109回日本耳鼻咽喉科学会 2008年
  77. 新生児・乳幼児難聴に対するGJB2遺伝子およびミトコンドリアDNA変異の遺伝子診断
    松永達雄、孫廣イ、務台英樹、幸池浩子、守本倫子、松田明史、川城信子、
    山下大介、矢島陽子、羽生昇、徳丸裕、藤井正人、泰地秀信、加我君考
    第3回日本小児耳鼻咽喉科学会 2008年
  78. 音響外傷モデルマウスにおける抗可溶型インターロイキン6受容体抗体の効果
    若林健一郎、藤岡正人、神崎晶、増田正次、山下大介、小川郁
    第31回日本神経科学会 2008年
  79. 音響外傷における蝸牛線維細胞の変化
    崔勇、孫廣イ、神崎晶、山下大介、藤井正人、松永達雄、小川郁
    第53回日本聴覚医学会 2008年
  80. 音響外傷性難聴に対するSA4503の内耳保護効果
    山下大介、孫廣イ、神崎晶、松永達雄、小川郁
    第18回日本耳科学会 2008年
  81. 超常磁性体酸化鉄ラベルによる移植細胞の検討
    和多田有紀子、山下大介、神崎晶、小川郁
    第18回日本耳科学会 2008年
  82. 音響外傷蝸牛に対するIL-6阻害剤の効果
    若林健一郎、藤岡正人、神崎晶、増田正次、山下大介、細谷誠、中川文子、小川郁
    第18回日本耳科学会 2008年
  83. 内耳におけるシグマ1受容体の生後発達に伴う発言パターン
    孫廣イ、山下大介、松永達雄、藤井正人
    第18回日本耳科学会 2008年
  84. 感音難聴の治療戦略
    山下大介
    第25回浦和耳鼻咽喉科病診研究会 2008年
  85. 鼻腔原発Epithelial-myoepithelial carcinomaの1例
    和多田有紀子、山下大介
    第53回日本唾液腺学会 2008年
  86. 新生児・乳幼児難聴の遺伝子診断に関する研究
    松永 達雄、山下大介、竹腰英樹、矢島陽子、羽生昇、徳丸裕、藤井正人、加我君孝、佐藤美奈子、井上泰宏、小川郁、守本倫子、松田明史、川城信子、泰地秀信
    第179回日耳鼻東京都地方部会 2008年
  87. 呼吸苦を主訴とした再発性多軟骨炎の一例
    矢島陽子、藤井正人、羽生昇、徳丸裕、山下大介、竹腰英樹、松永達雄、角田晃一
    第9回東が丘耳鼻咽喉科懇話会 2008年
  88. 頭頸部癌化学放射線療法中に発症した重篤な副作用―bacterial translocation-
    羽生昇、矢島陽子、藤井正人、徳丸裕、山下大介、竹腰英樹、松永達雄、角田晃一
    第9回東が丘耳鼻咽喉科懇話会 2008年
  89. 呼吸困難を主訴に発症した再発性多発軟骨炎の1例
    矢島陽子、藤井正人、羽生昇、徳丸裕、山下大介、竹腰英樹、松永達雄、角田晃一
    第178回日耳鼻東京都地方部会 2008年
  90. 注意を要する感音難聴
    山下大介
    第8回東が丘耳鼻咽喉科懇話会 2007年
  91. 多国間におけるメニエール病患者の行動特性調査―第2報
    和多田有紀子、高橋正紘、竹田泰三、
    山下大介、Jouko Kotimaki、Fattori Bruno、Miroslav Novotny
    第17回日本耳科学会 2007年
  92. 超常磁性体酸化鉄による 内耳移植細胞の生体内検出システム
    山下大介、神崎晶、松永達雄、藤井正人、小川郁
    第17回日本耳科学会 2007年
  93. 音響外傷に対するIL-6阻害剤の効果
    若林健一郎、藤岡正人、神崎晶、増田正次、山下大介、小川郁
    第17回日本耳科学会 2007年
  94. マウス音響外傷モデルにおける抗可溶型IL-6受容体中和抗体の効果に関する検討
    若林健一郎、藤岡正人、神崎晶、増田正次、山下大介、小川郁
    第28回日本炎症・再生学会 2007年
  95. 鼻腔原発のEpithelial-myoepithelial carcinomaの一例
    和多田有紀子、山下大介、重冨征爾、小形章
    第28回慶浜耳鼻科研究会 2007年
  96. 外リンパ婁を疑った症例の術中所見
    小形章、山下大介、重冨征爾、和多田有紀子
    第28回慶浜耳鼻科研究会 2007年
  97. 鼻腔原発Epithelial-myoepithelial carcinomaの1例
    和多田有紀子、山下大介、鈴木隆史、重冨征爾、小形章
    第17回日本頭頸部外科学会 2007年
  98. 入院加療を要した頸部膿瘍症例の検討
    和多田有紀子、小形章、山下大介、重冨征爾
    第138回日耳鼻神奈川県地方部会 2006年
  99. 当科で入院加療した小児急性乳様突起炎の検討
    和多田有紀子、重冨征爾、山下大介、小形章
    第137回日耳鼻神奈川県地方部会 2006年
  100. 線維素性唾液管炎の臨床的検討
    山下大介、小形章、小川郁
    第16回日本頭頸部外科学会 2006年
  101. 術中に脳血栓梗塞症を生じた巨大な耳下腺metastasizing pleomorphic adenoma
    小形章、重冨征爾、鈴木隆史、山下大介
    第3回慶應耳鼻咽喉科臨床懇話会 2006年
  102. 音響外傷による内耳障害の防御- Post-exposure treatment の試み –
    山下大介、小川郁
    第14回日本耳科学会 2005年
  103. 音響外傷難聴におけるcalcineurinの役割
    南修司郎、山下大介、小川郁
    第14回日本耳科学会 2005年
  104. 音響外傷におけるBcl-2 familyの調節機構
    山下大介、小川郁
    第49回日本聴覚医学会 2005年
  105. マスキングノイズが聴性定常反応閾値に与える影響
    増田正次、佐藤美奈子、山下大介、岡本康秀、栗田昭宏、藤岡正人、小川郁
    第49回日本聴覚医学会 2005年
  106. 突発性難聴における耳閉塞感
    岡本康秀、栗田昭宏、佐藤美奈子、斉藤秀行、
    山下大介、弓削勇、増田正次、南修司郎、藤岡正人、小川郁
    第49回日本聴覚医学会 2005年
  107. 耳鳴患者に対する塩酸パロキセチンの治療効果
    栗田昭宏、新田清一、佐藤美奈子、斉藤秀行、神崎晶、
    山下大介、増田正次、藤岡正人、小川郁
    第49回日本聴覚医学会 2005年
  108. 心因性難聴に対する心理検査の考察
    佐藤美奈子、田副真美、片岡ちなつ、神崎晶、新田清一、
    山下大介、増田正次、栗田昭宏、岡本康秀、小川郁
    第49回日本聴覚医学会 2005年
  109. TRT療法1年経過例の検討
    新田清一、小川郁、佐藤美奈子、山下大介、増田正次、栗田昭宏
    第4回耳鳴りと難聴の研究会 2005年
  110. TRTはカウンセリング方法により治療効果が異なるか?
    増田正次、佐藤美奈子、斉藤秀行、栗田昭宏、岡本康秀、
    山下大介、藤岡正人、小川郁、井上泰宏、神崎晶、新田清一
    第4回耳鳴りと難聴の研究会 2005年
  111. 耳鳴患者に対する塩酸パロキセチンの治療効果
    栗田昭宏、小川郁、井上泰宏、佐藤美奈子、
    山下大介、増田正次、藤岡正人、神崎晶、新田清一
    第4回耳鳴りと難聴の研究会 2005年
  112. 耳下腺Lymphoepithelial lesionの臨床的検討
    山下大介、栗田昭宏、小川郁
    第28回日本頭頸部腫瘍学会 2005年
  113. 当科における耳下腺腫瘍の臨床統計
    栗田昭宏、山下大介、神崎晶、小川郁
    第28回日本頭頸部腫瘍学会 2005年
  114. 音響外傷後の内耳におけるフリーラジカルの遅発性発現
    山下大介、小川郁
    第105回日本耳鼻咽喉科学会 2005年
  115. 突発性難聴治療後患者に対するアンケート調査 ―日本語版HHIAを用いて―
    佐藤美奈子、小川郁、井上泰宏、山下大介、増田正次、栗田昭宏、藤岡正人
    第105回日本耳鼻咽喉科学会 2005年
  116. 鼻中隔矯正術と内視鏡下左前篩骨洞・前頭洞開放術後に肺栓塞を生じた一例
    神崎晶、国弘幸伸、今西順久、山下大介、荒木康智、小川郁
    日本鼻科学会 2004年
  117. 遺伝性難聴モデルshaker2 mouseを用いた内耳の遺伝子導入の検討
    神崎晶、小川郁、井上泰宏、新田清一、井出里香、山下大介、神崎仁
    第11回日本耳科学会 2002年
  118. 音響外傷モルモットにおけるhypoxia-inducible factor 1(HIF1)の発現
    松延毅、小川郁、井上泰宏、新田清一、山下大介、井出里香、神崎仁
    第11回日本耳科学会 2002年
  119. 耳下腺扁平上皮癌の治療経験
    山下大介、坂口良平、行木英生
    第回日耳鼻静岡県地方部会 2000年
  120. 脳実質浸潤を伴ったし骨洞腺様のう胞癌に対する切除と再建
    山下大介、行木英生、佐藤靖夫、岡田和一郎、岡本康秀
    慶耳会総会 1999年
  121. 下咽頭食道再建に用いた遊離空腸の血行モニタリングとしてのトノミーターの効用
    山下大介、行木英生、今西順久、岡田和一郎、岡本康秀
    第回日耳鼻静岡県地方部会 1999年
  122. 脳実質浸潤を伴ったし骨洞腺様のう胞癌に対する切除と再建
    山下大介、行木英生、佐藤靖夫、岡田和一郎、岡本康秀
    東海頭蓋底外科研究会 1999年
  123. 眼窩内腺癌再発例に対する全眼窩切除術
    山下大介、行木英生、佐藤靖夫、岡田和一郎、岡本康秀
    日本頭頸部外科学会 1999年
  124. 下咽頭食道再建に用いた遊離空腸の血行モニタリングとしてのトノミーターの効用
    山下大介、行木英生、佐藤靖夫、岡田和一郎、岡本康秀
    中部耳鼻科集談会 1999年
  125. 胸骨転移をきたした甲状腺癌の根治手術後に発生した合併症の治療 急性肺梗塞と気管周囲血腫に対する呼吸循環系の管理
    岡本康秀、行木英生、今西順久、山下大介、岡田和一郎
    日本気管食道科学会 1999年
  126. 眼窩内腺癌再発例に対する全眼窩切除術
    山下大介、行木英生、佐藤靖夫、岡田和一郎、岡本康秀
    静岡県地方部会 1998年
  127. 口腔Verrucous Carcinomaの2例
    山下大介、行木英生、佐藤靖夫、田代昌継、岡田和一郎
    静岡県地方部会 1998年
  128. 鼻腔内oncocytomaの1例
    山下大介、行木英生、佐藤靖夫、田代昌継、岡田和一郎、長島泰行
    静岡県地方部会 1998年
  129. 口腔Verrucous Carcinomaの2例
    山下大介、行木英生、佐藤靖夫、田代昌継、岡田和一郎
    中部耳鼻科集談会 1998年
  130. 顕微鏡下CO2レーザーによる扁摘術(ビデオ)
    山下大介、行木英生、佐藤靖夫、田代昌継、岡田和一郎
    日本頭頸部外科学会 1998年
  131. 両側声帯扁平上皮癌の特異的な声帯所見(ビデオ)
    山下大介、行木英生、佐藤靖夫、田代昌継、岡田和一郎
    静岡県地方部会 1997年
  132. 喉頭蓋及び舌根に見られた異なる組織からなる多発性嚢胞
    岡田和一郎、行木英生、今西順久、山下大介、岡本康秀
    静岡県地方部会 1997年
  133. 耳下腺腺房細胞癌の1例
    櫻田典子、望月裕夫、佐藤文子、山下大介、坂口良平
    日本臨床細胞学会 1997年
  134. 中頭蓋窩から翼口蓋窩を占拠する神経鞘腫に対するアプローチ
    岡田和一郎、行木英生、今西順久、山下大介、岡本康秀
    頭蓋底外科からみた鼻副鼻腔の腺系癌14例の治療成績
    静岡県地方部会 1997年
  135. 行木英生、佐藤靖夫、田代昌継、山下大介、神崎晶
    頭蓋底手術後の再発に対する頭蓋底手術の反復施行上の問題点
    静岡県地方部会 1997年
  136. 佐藤靖夫、行木英生、田代昌継、山下大介、神崎晶
    長期間放置された全頸部を占拠する甲状腺癌の手術上の問題点
    静岡県地方部会 1997年
  137. 岡田和一郎、行木英生、佐藤靖夫、山下大介、岡本康秀
    上顎洞から中頭蓋底を占拠する腫瘍に対する摘出術の選択基準
    静岡県地方部会 1997年
  138. 行木英生、佐藤靖夫、山下大介、岡田和一郎、岡本康秀
    側頭部に腫瘤形成を認めた悪性髄膜腫の1例
    静岡県地方部会 1997年
  1. 文部科学省科学研究費:基盤C 研究代表者
    「音響外傷性難聴に対するプログラムされたネクローシスによる細胞死制御機構」
  2. 文部科学省科学研究費:基盤C 研究代表者
    「音響外傷性難聴における細胞死制御メカニズムと新たな治療法開発」
  3. 文部科学省科学研究費:若手B 研究代表者
    「音響外傷性難聴の病態解明および新しい治療法の開発」
  4. 文部科学省科学研究費:若手B 研究代表者
    「音響外傷性難聴のメカニズムの解明およびその防御」
  5. サウンド財団研究助成金 研究代表者
    「音響外傷性難聴のメカニズム解明と聴覚保護」
  6. 井上科学振興財団国際学会助成金 研究代表者
    「Association for research in otolaryngology: ARO」
  7. 厚生労働科学科研費(難治性疾患克服事業) 分担研究
    「新規診断マーカーCTPを用いた難治性内耳疾患の多施設検討」
  8. 厚生労働科学科研費(難治性疾患克服事業) 分担研究
    「ステロイド依存性感音難聴の新しい診断法および診断基準に関する検討」
  9. 厚生労働科学科研費(難治性疾患克服事業) 分担研究
    「遺伝性難聴および外耳、中耳、内耳奇形に関する調査研究」
  10. 文部科学省科学研究費:基盤C 分担研究
    「メタボロミクスによる音響外傷性難聴病態解明および新しい治療法の開発」
  11. 文部科学省科学研究費:基盤C 分担研究
    「RNA干渉法による血液内耳関門の薬物透過性の調節」
  12. 文部科学省科学研究費:基盤B 分担研究
    「内耳の易受傷性と加齢変化に関する研究」
  13. 文部科学省科学研究費:若手B 分担研究
    「色素性乾皮症モデルマウスを用いた進行性感音難聴の病態の解明と治療法の開発」
「みみ・はな・のど」の手術
「みみ・はな・のど」の手術

2,000件を超える、「みみ・はな・のど」の手術に執刀

大学病院で長年にわたり、後輩医師や医学生に臨床教育を指導
大学病院で長年にわたり、後輩医師や医学生に臨床教育を指導

大学病院で長年にわたり、後輩医師や医学生に臨床教育を指導

大学医局忘年会の風景

大学医局忘年会の風景

Michigan大学に留学中
Schachtラボで「難聴のメカニズム」について
Miller ラボで「難聴の治療」について研究

Schacht ラボのミーティング

Schacht ラボのミーティング

Schacht 先生のご自宅で

Schacht 先生のご自宅で

Miller ラボのメンバーと

Miller ラボのメンバーと

Miller 先生の自宅でご夫妻と

Miller 先生の自宅でご夫妻と

国際学会(ARO)のシンポジウムで講演

国際学会(ARO)のシンポジウムで講演

スウェーデン(ストックホルム)での授賞式後(2012年12月)に頂いたメダル型チョコレート
山中先生との写真「本」と直筆サイン

スウェーデン(ストックホルム)での授賞式後(2012年12月)に頂いたメダル型チョコレートと直筆サイン

クリニック情報CLINIC INFORMATION

診療時間・休診日 TIME TABLE

診療時間
 9:00~12:00
15:00~18:30

★…9:00~13:00

窓口
受付
午前8:30-12:00 (土曜日8:30-13:00)
午後14:45-18:30
ネット
受付
午前8:45-11:30(土曜日8:45-12:30)
午後15:00-18:00
休診日
木曜、土曜午後、日曜、祝日

診療カレンダー CALENDAR

12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             
午前診のみ

1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             
午前診のみ

 休診日    午前診療のみ

アクセス・地図 ACCESS

MAP

〒598-0007 泉佐野市上町3-9-6

南海本線「泉佐野」駅より 徒歩1分

お気軽にお問い合せ下さい

駐車場 計34台完備

専用駐車場(8台)+ 提携駐車場2か所(14台、12台)

PAGETOP
Copyright © 2022 やました耳鼻咽喉科クリニック All Rights Reserved.